いわき観光情報

通年

アクアマリンふくしま

古滝屋のお風呂は、源泉掛け流し100%の天然温泉。
開湯より1300年、今でも毎分5トンという全国でも類を見ない湯量の多さは、いわき湯本の宝物です。
その自慢の温泉の良さを少しでも多くの方々に知って頂きたい、そしてさまざまなお客様のニーズに応えたいという思いから、それぞれに趣の異なる5つのお風呂をご用意しました。
古くから愛され続ける由緒あるいわき湯本の温泉を、お時間の許す限りたくさんお楽しみください。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    <通常期:3月21日〜11月30日> 9:00〜17:30
    <冬季:12月1日〜3月20日> 9:00〜17:00

  • 定休日

    無休

  • 料金

    大人:1,850円、小~高校生:900円、未就学児:無料

スパリゾートハワイアンズ

いわき湯本温泉の豊富な湯量を活用した、6つのテーマパークからなる温泉レジャー施設で、いわきを代表するスポットでもあります。
1年中28度に設定された館内では、常夏ムード満点のプールや世界最大級の大露天風呂「江戸情話与市」など一日中温泉を満喫できます。
フラガールとファイヤーナイフダンサーによるエンターテイメントショーは必見ですよ。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    平日:10:00〜22:15
    土曜日・日曜日・祝日:9:00〜22:15

  • 定休日

    無休

  • 料金

    大人:3,570円、小人:2,250円、幼児:1,640円

いわき・ら・ら・ミュウ

アクアマリンパークの中にある「いわき・ら・ら・ミュウ」は、景色の良い海を眺めながら新鮮な魚介を堪能することができる物産センターです。
旬の魚を使った名物の海鮮丼が人気で、一年を通じて大勢の観光客で賑わっています。
干物や名物メヒカリなどいわきならではのお土産を買うこともできると人気の観光スポットになっています。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    <お魚ゾーン> 9:00〜18:00
    <物販ゾーン> 9:00〜18:00
    <レストラン>10:00〜18:00

  • 定休日

    不定休│ 年12回程度(繁忙期は無休)

  • 料金

    入場無料

いわき市石炭・化石館 ほるる

常磐炭田が繁栄した当時の資料や市内各地で発掘された化石群クビナガリュウやフタバサウルス・スズキイが展示されており、模擬坑道では当時の炭鉱の生活や歴史などが再現されています。
迫力ある恐竜たちの骨格標本を鑑賞したり、コハクを使ったアクセサリーや、アンモナイトの標本作製体験もでき、特にお子さま連れのファミリーに大人気の観光スポットです。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    9:00〜17:00

  • 定休日

    第3火曜日(但し祝日の場合翌日)・1月1日

  • 料金

    一般:660円、大高中:440円、小学生:330円

いわき回廊美術館

2012年高松宮殿下記念世界文化賞の美術部門を受賞した中国人アーティスト蔡国強(サイ・コッキョウ)氏のスタジオと「いわき万本桜プロジェクト」事務局が計画した「回廊美術館」で、2013年4月28日に作られました。
約99mある回廊には、さまざまな作品が展示されています。
美術館の高台には、シンボルであるツリーブランコがあり、インスタ映えするスポットとしても有名です。

  • 時期

    通年

  • 定休日

    無休

  • 料金

    無料

いわきマリンタワー

三崎公園内に立つ高さ59.99mの展望台です。いわき市市制施行20周年を記念して昭和60年に作られました。ガラス張りの展望室の青と白のコントラストが遠目にも映えます。
塔の高さは約60mですが、岬に立地しているので展望室は海抜106mの高さにあります。
屋上のスカイデッキからは、太平洋やいわき市一円を360°のパノラマで一望することができます。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    <7月20日〜8月31日> 9:00〜19:00
    <9月1日〜7月19日> 9:00〜17:00

  • 定休日

    毎月第3火曜日(但し祝日の場合翌日)、1月1日 ※8月は無休です。

  • 料金

    一般:330円、中高大生:220円、小学生:170円

塩屋埼灯台

平薄磯に建つ白亜の大型灯台で、全国でも珍しい登ることのできる灯台です。
立地と、白亜の美しい外観から「日本の灯台50選」にも選ばれ、地元では「豊間の灯台」とも呼ばれています。
灯台の最上階から眺める美しい水平線は一見の価値有り。心地よい海風を浴びながら太陽にきらめく海を眺める時間は至福のひとときです。
近年では、故美空ひばりさんの名曲に登場する「塩屋の岬」で有名となり、灯台のぼり口の広場には歌碑が立てられ、いわき市の観光名所にもなっています。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    8:30〜16:00

  • 定休日

    なし

  • 料金

    中学生以上200円/小学生以下無料

あぶくま鍾乳洞

8,000万年の息づかいが聞こえる 幻想美の世界。
三層に分かれる洞内で最大のホール 「滝根御殿」では、 クリスタルカーテンやボックスワーク、洞穴シールドなど、ここでしか見ることのできない貴重な鍾乳石を間近に 鑑賞することができます。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    3月1日〜11月30日 8:30〜17:00
    12月1日〜2月28日 8:30〜16:30

  • 定休日

    無休

  • 料金

    大人:1,200円、中学生:800円、小学生:600円

鶴のあし湯広場

硫黄臭が漂う源泉掛け流しの足湯で、あつ湯とぬる湯の2種類があります。
足湯の他には手湯やペット用の足湯もあります。
敷地内には湯壺跡の石碑があり、地元の人々からも愛される、憩いのスペースになっています。
いわき湯本温泉にいらっしゃるお客様には、高速バスの待合場所的な存在でもあります。

  • 時期

    通年

  • 料金

    無料

  • 住所

    〒972-8321 福島県いわき市湯本町三函281-1

  • 古滝屋からの所要時間

    徒歩で約2分

温泉神社

上代の昔、霊峰湯の岳(別称佐波古峰)に鎮座し、天武天皇2年(674年)湯本三凾、明和5年(1768年)に現在地に遷座しました。
延喜式内社、磐城郡七座の一つで、祭神は地下資源の神・医薬を司る神を祀っております。
古滝屋からは道路を挟んで真向かいにあり、中上階の客室やお風呂からの景観を楽しむことができます。

  • 時期

    通年

  • 住所

    〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町三函322

  • 古滝屋からの所要時間

    徒歩で約1分

ワンダーファーム

全国でも珍しいトマトのテーマパークで、9種類のトマト狩りを楽しむことができます。
園内には森のマルシェというお土産処やカフェがあり、トマトを使用したオリジナル商品や、ふくしまの特産品、地元のワインを販売。カフェも併設されており、トマトのケーキやソフトクリームなど、ここでしか食べることができない絶品のトマトスイーツが味わえます。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    4月~10月
     (平日) 10:00~18:00  (土日祝) 9:00~18:00
    11月~3月
     (平日) 10:00~17:00  (土日祝) 9:00~17:00

  • 定休日

    第2・4水曜日、年末年始

  • 料金

    トマト狩り :972円(税込)

競走馬リハビリテーションセンター

現役競走馬のリハビリテーションを専門とする日本で唯一の施設の馬のリハビリ専用施設です。
怪我をした競争馬たちが、レースに復帰するためにさまざまな施設を使ってリハビリに励んでいる様子を、無料で見学することができます。
1周400mのダートコースで調教を受ける様子や、馬が温泉でのんびりする様子などが間近で見れる日本でも数少ない貴重なスポットです。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    9:00〜17:00(平日は15:00頃まで、土曜日・祝日は午前中なら馬を見ることができる)

  • 定休日

    日曜日

  • 料金

    無料

住善寺

いわき市指定保存樹木(No.70)。樹種はエドヒガン。
江戸時代の俳人・内藤露沾も訪れて和歌や俳句を詠んだというお寺です。
左右に枝が伸び、見る角度によって違った様子を見せてくれる。

  • 時期

    春・通年

  • 住所

    〒970-8028 福島県いわき市平上神谷宮ノ上85

松ヶ岡公園

いわき市内で最も古い公園(明治30年開所)である松ヶ岡公園には、園内を中心に約280本のソメイヨシノが植えられています。
4月初旬から下旬にかけては園内に提灯が飾られ、「平桜まつり」の会場となり、多くの花見客で賑わう花見の名所です。

  • 時期

  • 住所

    〒970-8026 福島県いわき市平薬王寺台3

観音山公園

さはこの湯温泉保養所にもほど近い、小高い山の上に位置する公園です。
園内には観音像が建ち、約200本のソメイヨシノが咲き誇ります。
3月下旬~5月上旬には花見提灯が飾られ、湯本駅前・御幸山公園とともに湯本温泉さくらまつりの会場となっています。

  • 時期

  • 住所

    〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町三函地内

三崎公園

小名浜港を望む高台にあり、約200本のソメイヨシノの名所としても市民に愛されています。
公園内には緑の芝生と遊歩道、レストランなどもあり、休日にはお花見を楽しむ多くの家族連れで賑わいます。
海と桜の両方を楽しめるスポットです。

  • 時期

  • 住所

    〒970-0316 福島県いわき市小名浜下神白字大作111

いわき花火大会

いわきの夏といったら小名浜の花火大会!
毎年いわき市小名浜のアクアマリンパーク(小名浜1・2号ふ頭間)で開催され、花火と音楽をシンクロさせた創作花火として、全国でもトップレベルの規模を誇っています。
音楽に合わせて次々と夜空に花が咲き、港の夜をより華麗に彩る様子が訪れた観客を魅了します。

  • 時期

  • 営業時間

    19:00〜21:00

  • 住所

    アクアマリンパーク(小名浜港第1・2埠頭)

国宝 願成寺白水阿弥陀堂

藤原清衡の娘・徳姫が、夫 岩城則道公の供養のために建立したといわれており、福島県の建造物の中で唯一国宝に指定されています。
平安時代後期の代表的な阿弥陀堂建築は、美しい曲線を描く屋根と浄土式庭園が調和した、優美な姿を見せてくれます。
夏には古代ハスが咲き、秋には大イチョウやモミジなどが美しく彩ります。
紅葉の時期は幻想的なライトアップもされますので、もみじ狩りのスポットとしておすすめです。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    <4月~10月> 8:30~16:00
    <11月~3月> 8:30~15:30

  • 定休日

    第4水曜日、2月3日(節分会)、春分・秋分の日、 8月12日〜16日(盂蘭盆会)、8月24日(万灯会)、 12月第2水曜日・木曜日、12月25日〜31日

  • 料金

    大人:500円、小人(小学生のみ):300円、未就学児:無料

夏井川渓谷

夏井川渓谷は、清流のせせらぎを耳にしながら自然の中でリフレッシュできる人気スポットです。
長い年月をかけて削り取られた断崖や、奇妙な形をした岩、轟々と響く滝など見どころは盛りだくさん。
特に紅葉の時期は、絶景を求めてたくさんの人が訪れます。
おいしい空気を満喫し、目と耳でも大自然を感じて散策してみてはいかがでしょうか。

  • 時期

  • 住所

    〒970-3123 福島県いわき市小川町〜川前地内

  • 古滝屋からの所要時間

    お車で約40分

龍神峡

せせらぎの音が心地よい鮫川にかかる竜神橋から見返橋までの1kmを真っ赤に萌えた紅葉が彩ります。
その美しい光景はまさに紅葉のトンネル。いわき市で一番遅くに紅葉が見られる場所でもあります。
紅葉の時期はウォーキング大会が開催されており、紅く色づいた紅葉を眺めながらウォーキングを楽しめます。

  • 時期

  • 住所

    〒972-0162 福島県いわき市遠野町滝地内

  • 古滝屋からの所要時間

    お車で約23分

いわき市フラワーセンター

石森山の広大な敷地に、ドーム型温室や湿生植物園もあり、沢山の花が咲き誇るフラワーパークです。
温室に咲く多肉植物や南国の花木は、1年中楽しむことができます。
園内にはこどもたちが元気に遊べる遊具ゾーンや熱帯植物の温室ゾーン、イングリッシュガーデンゾーンなども。
2019年からはワンチャンと一緒の入園もOKになりました。

  • 時期

    通年

  • 営業時間

    園内:9:00〜17:00
    展示温室:9:00〜16:30
    レストハウス:9:00〜16:30
    フラワーライフ館:9:00〜17:00

  • 定休日

    毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日

  • 料金

    入場無料

大野観光いちご園

温室内の苗は約130cmの高さのロックウール培地に水耕栽培されており、腰をかがめることなくイチゴ狩りができます。
種類は酸味が少なく糖度が高いあきひめ、福島生まれのふくはるか、香りの良い紅ほっぺなどがメインです。
毎年12月下旬頃にオープンしますので、真冬でも甘いいちごをお楽しみいただけます。

  • 時期

    12月下旬~春(いちごがなくなり次第閉園)

  • 営業時間

    10:00〜16:00

  • 定休日

    水曜日(祝日の場合翌日)、12月29日〜1月2日

  • 料金

    <12月下旬~3月頃 >
     大人(中学生以上):1,500円、小学生以上:1,200円、幼児・70才以上:1,000円
    <4月頃~5月上旬>
     大人(中学生以上):1,300円、小学生以上:1,000円、幼児・70才以上:800円
    <5月上旬~6月上旬>
     大人(中学生以上):1,000円、小学生以上:800円、幼児・70才以上:600円
    ※3才未満は無料